2008.12.18.

パリの色 京都のかほり

0009.JPG


0059.JPG


0060.JPG

ついに6つめのしあわせ、ナカムラユキさんのブックフェアが今週どようびよりスタート。明日はナカムラさんが設営のためumieへいらっしゃいます。
今日の写真はどようびに開催されるナカムラさんのトークイベントで上映される写真の中から3枚だけ拝借。。。

ナカムラユキさんは京都在住のイラストレーターさんです。東京でイラストレーター、雑貨コーディネーターとして活躍後、2000年春より京都にアトリエを移し、北白川にパリで買い付けてきたフレンチ雑貨、オリジナル雑貨、ステーショナリー、プチカフェ&ギャラリーの『trico+』ショップをオープンされています。

パリが好きでなんども足を運ばれているそうですが、この写真を見せていただくと京都にもナカムラさんの目には淡いパリの色彩があふれているよう。和菓子や小さな人形、焼き物の器のそこはかとない佇まいが愛らしい。ナカムラさんの心に映った日々を大切に暮らす人だけが見つける風景を見て、話をきいて、感じていただけるイベントです。

なによりお楽しみはナカムラさんのイラストコーナー。大好きな雑貨(注:カバンにはいる程度の大きさで)をその場でイラストに描いてくださるという夢のようなプレゼント付きです。

0099.JPG

その上、ピエニトットの村岡さんが作ったお菓子が名古屋からはるばる四国に届けられ、umieの珈琲とのコラボレーションが実現します。ピエニトットさんがお菓子屋さんになるまでを描いた本をナカムラさんが出版されていて、今回のコラボが実現しました。この本はumieの店長さんも大好きなので、きっと今頃ひそかにわくわくしていると思います。

まだ若干お席はご用意できますので、ぜひぜひご参加くださいませ。
くわしくはこちら

曽我部さんのLIVEもライブ先行発売CD「sings」も最高でした!!! REPORTはまた後日書きますね、、、





2008.11.04.

プチ旅行 京都編

IMG_8100_1.jpg

先日の土曜日、DNAのみんなで京都・神戸に行って参りました!
まずは京都国立近代美術館の「生活と芸術ーアーツ&クラフト展」を見て、本にまつわるあれこれのセレクトショップ「恵文社」に行ったり、限られた時間ではありましたが、秋の京都を満喫!


IMG_8691_2.jpg

と、ここで紹介したいのは、大きな鳥居の平安神宮のすぐ傍にある「オ・タン・ペルデュ」というお惣菜屋さん。
ここは天然生活2月号で特集していた「ナカムラユキさん 京都のなかのパリさがし」で紹介されていたお店。
ワイン色を基調としたシックな佇まいは、なんだかパリの街角の一角のよう…。

IMG_8180_3.jpg

IMG_8184_4.jpg

IMG_8177_5.jpg

ショーケースの中には、陶器に入ったムースやケーキ、焼きたてパン、いろとりどりのサラダたちがずらり並んで、どれもおいしそ〜う。
しかもパッケージもおしゃれなデザイン。ふむふむ、勉強になります。
満席ということで外からお店を眺めるだけでしたが(泣)、
傍にはキラキラと小川が流れて、お天気もとてもよかったのでテラス席の人たちもとても気持ちよさそうなのでした。

そして、京都には、ナカムラユキさんが店主を勤めるアトリエショップ「trico+」があります。
フレンチ雑貨、オリジナル雑貨、ステーショナリーを扱う、素敵なお店。
展覧会やイベントもあるということで、行ってみたいお店の1つだったのですが、今回はあいにくお休み…。
もし京都に行くことがあれば、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ナカムラユキさんといえば…!
12/20から12/28まで【「パリと京都の読書時間」ブックフェア】をumieで開催します。12/20には、ナカムラユキさんご本人をお招きして、オープニングイベントも開きます。詳しくはこちら
本も雑貨も大好きな私は、今からかなり楽しみです。

次のブログでは、神戸のillyライブを報告しま〜す!

by Toyota