2009.07.05.

ハーモニカ奏者大竹英二フリーライブ

ハーモニカ奏者大竹英二さんのフリーライブがumieで行われました。

「ポニョだってポニョ。絶対楽しいよね。」
umieに話がきてから繰り返し言うumieのボスの言葉が頭から離れません。

「ハーモニカにはね、夢が詰まっているんだよ。」
と、子どもがいうように何度もいい、
ライブ当日もumie店長に
「ポニョ、ポニョ、今日はポニョの日だよ。」と嬉しそうに電話をしていました。

私にとっては
ボスがワクワクしていることが何より嬉しく、
喜ぶボスを見たくて当時を心待ちにしていました。

本番当日。
ライブスタート。
一曲目終了。
IMG_1937.JPG

「ね、いいでしょ。」と
目をキラキラさせながら報告するボスを見ると
嬉しくなって吹き出して笑ってしまいました。

1セット目終了後
「僕とね、言っている事が一緒なんだよ。
音符一つにしてもね、単なる音符としてみるか
それともその音符の奥を感じ取って自分のものとして表現できるか…。

ほら!きみもせっかくだから大竹さんと話しておいで!」

大竹さんのハーモニカの音をきくことも
会うことも初めてでした。

今まで私が出会ったライブをする方はみんな控え室で休憩する中
大竹さんは会場にいて
気さくに話してくれました。

印象に残った言葉。
「世界チャンピョンになる時、外国の方に受け入れられるか気になりませんでしたか?
外国の方に合わせたりしたんですか?」と失礼承知で尋ねたところ
すごく意識はしたけれど
特に変える事はしていなく
大竹さんが今までやってきた延長線上で一番いいと思うように吹ききったそうです。

IMG_1967.JPGIMG_1964.JPGIMG_1911.JPG

当たり前の事に聞こえるかもしれません。
しかし、簡単な事ではない事を
デザインをやっているとその壁の大きさを痛感します。

「君たちも、デザインで世界チャンピョンに。」と冗談めいていうボスの言葉に
笑えず、クラリとしました。

IMG_1914.JPGIMG_1955.JPG
ライブ後
色やフォントを大竹さんの音符に重ね合わせて
ボスが私に話をしてくれました。

ボスをハーモニカを通じてワクワクさせる大竹さん。
もちろん、すごくすごく楽しみにしてることを
大竹さんは知りません。

そういうもののような気がします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: