2009.05.07.

Semi-Acoさんとumie

Semi-Acoさんの展示がumieの隣で約1週間行われ、早くも終了。
本日、Semi-Acoの加賀さん一家がumieを旅立っていきました。

昨日展示の最終日ということで
D.N.Aとumie店長の松下さん、そしてSemi-Acoの加賀さん夫妻と打ち上げをしました。

今回の展示が行われるまで
Semi-Acoさんの話を聞いてもピンと来ない面があったのですが
柳沢さんを初めとし、D.N.Aとumie一同の気のかけようがすごいので
これは何かストーリーがあるんだと感じていました。

昨日umieと加賀さん夫妻のつながりを伺い、
心が温まりました。
Semi-Acoさんとumie
加賀さんはumieが出来たてで
まだお客様の数が少なかった頃から
umieを気に入って、多い日は一日に2回も来てくださっていた方でした。

umieを通じてやりたい事の輪郭がはっきりし、
高山に行って家具職人になったそうです。

何年も互いに影響を与えあい、成長し、
離れていても心を通い合わせ、
再開しては家族のように分かち合う。

柳沢は、
Semi-Acoさんの作った物はスプーンしか見ていないのに
umieの隣で展示をするといいと勧めたそうです。

なのに、umieでの展示にぴったり合っていました。

umieに来るお客様も
Semi-Acoさんの展示をみては
いいメッセージを残していってくださいました。
2-c7591.jpg
Semi-Acoさんとumie

「心に響き合うもの」があると
苦しい日があろうと、距離があこうと
結果としていいものにするんだと感じました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: